JPPAは、2011年4月1日に一般社団法人の認可を受け、養豚生産者のみを正会員とする団体となりました。
JPPAとは? | アクセス | トピックス | 刊行物 | 地域の活動 | 賛助会員からのお知らせ | 賛助会員一覧 | 会員のお肉を買うには? | 豚のお話 | リンク |
2009年6月10日更新

稲吉副会長、熊本県養豚協会総会にて講演 −熊本県−


熊本県養豚協会は、第6回通常総会を5月22日(金)、熊本市内のチサンホテル熊本にて開催いたしました。
 当日は、熊本県農林水産部畜産課の市原亜素男審議員、並びに、日本養豚生産者協議会(JPPA)の稲吉弘之副会長(有限会社マルミファーム代表取締役)を来賓に迎え、また、平成20年度より、会の運営にご協力いただいている、19社の賛助会員の方々にも出席を願い、全4議案について審議を行いました。
 冒頭、やむを得ない事情で欠席となった陳基礎夫会長に代わり、安藤雅昭副会長が、会長より預かった挨拶の文書を代読し、サーコワクチンの早期認可、地域肉豚事業の保証価格の80円値上げは、本協会員全てが加入している、JPPAの強力な要請活動で実現したものであり、また、今後とも、本協会の更なる活動を推進したい趣を伝えました。
 総会終了後、前記の稲吉氏による養豚特別講演会が開催され、有限会社マルミファームとして、養豚を行う傍ら、獣医師で担い手であるご子息と、病気やその対処法について、現場で収集した豊富なデータをもとに、具体的でかつ実践的な対処法の説明等、種々の話題提供を受け、参加会員ともども大いに盛り上がりました。
また、日本養豚生産者協議会副会長としてこれまでの組織活動の成果、及びより多くの養豚生産者の参加協力について依頼がございました。  (熊本県養豚協会事務局 田島 明)


熊本県養豚協会総会の様子

熊本県養豚協会総会の様子
JPPA稲吉副会長講演の様子 JPPA稲吉副会長講演の様子