JPPAは、2011年4月1日に一般社団法人の認可を受け、養豚生産者のみを正会員とする団体となりました。
JPPAとは? | アクセス | トピックス | 刊行物 | 地域の活動 | 賛助会員からのお知らせ | 賛助会員一覧 | 会員のお肉を買うには? | 豚のお話 | リンク |

JPPA青年部会生産経営セミナー 2日間にわたって開催

(2013年2月28日UP)

一般社団法人 日本養豚協会(JPPA)青年部会(部会長:阿部秀顕)は、2013年2月8日(金)・9日(土)東京・ベルサール西新宿においてJPPA会員を対象とした2日間にわたる生産経営セミナーを開催した。

 

初日はベンチマーキング(コストや売上などを同業他社と比較し自社の強みや問題点を洗い出す経営分析法)をメインに、(独)動物衛生研究所 主任研究員 山根逸郎氏が推奨する「Pig INFO」の活用事例を講演いただいたほか、群馬県(株)林牧場 林邦雄氏による講演を行った。また講演後、山根、林両講師にも加わっていただいたパネルディスカッションを実施し、座長の阿部青年部会長の進行のもと、パネラー・会場一体となり活発な意見交換を展開した。パネルディスカッション終了後、会場を移動して行なった懇親会には翌日講演する講師陣にも参加をいただき、参加者との交流を深めた。

 

2日目は朝9時から講演を開始、最初の講演はスワイン・エクステンション&コンサルティング 獣医学博士 大竹聡氏による米国最新事情を交えた疾病対策情報。2講演目は、群馬県(株)林牧場 林丈志氏による、5s(整理・整頓・清掃・清潔・しつけ)の実践例や導入効果といった内容の講演を行った。3講演目は、宮崎県(有)香川畜産 香川雅彦氏による口蹄疫前後の農場成績比較やその後の復興状況について発表を頂いた。4講演目のJPPA稲吉代表副会長によるJPPAの最新活動状況報告では、養豚経営安定対策事業の平成24年度補正予算確定による発動補てん金の速報などが発表された。

 

青年部会が企画から進行までを手掛けた本セミナーには、全国各地より2日目で延べ243名のJPPA会員が参加した。2日間の講演内容は以下のとおり。

 

【1日目】

講演@『養豚業界におけるベンチマーキングシステム「Pig INFO」の活用』
講師:(独)動物衛生研究所 ウィルス・疫学研究領域 主任研究員 山根 逸郎 氏

講演A『どう勝ち残る日本養豚』
講師:(株)林牧場 代表取締役 林 邦雄 氏(JPPA理事・生産経営部会長・群馬県)

パネルディスカッション『日本養豚の生き残り』
座長:阿部秀顕JPPA理事・青年部会長((株)山形ピッグファーム 代表取締役・山形県)

パネラー:山根逸郎氏((独)動物衛生研究所 ウィルス・疫学研究領域 主任研究員)

      林邦雄氏((株)林牧場 代表取締役・JPPA理事/生産経営部会長・群馬県)

      小田島新一氏((株)オダシマファーム 代表取締役・宮城県)

      時岡敦氏((有)睦美ファーム・福井県)

      瓜生陽一氏(瓜生畜産 代表・愛知県)

      大迫尚至氏(旭ファーム(株) 代表取締役・鹿児島県)

 

【2日目】

講演@『飼料効率改善のための 海外最新知見と国内事例』
講師:スワイン・エクステンション&コンサルティング 大竹 聡 氏(獣医師・獣医学博士)

講演A『養豚5sの実践例』
講師:(株)林牧場 取締役 九州地区担当営業部長 林 丈志 氏(群馬県)

講演B『口蹄疫前後の農場成績比較』
講師:(有)香川畜産 代表取締役 香川 雅彦 氏(JPPA監事・宮崎県)

講演C『最近のJPPAの活動状況』
講師:(一社)日本養豚協会(JPPA)代表副会長 稲吉 弘之 氏




2013年2月8日(金)初日セミナー








懇 親 会






2013年2月9日(土)2日目セミナー