JPPAは、2011年4月1日に一般社団法人の認可を受け、養豚生産者のみを正会員とする団体となりました。
JPPAとは? | アクセス | トピックス | 刊行物 | 地域の活動 | 賛助会員からのお知らせ | 賛助会員一覧 | 会員のお肉を買うには? | 豚のお話 | リンク |

「俺たちの豚肉を食ってくれ!2010」
in “第1回食と農の祭典−ファーマーズ&キッズフェスタ2010−“盛大に開催

(2010.11.26 UP)

(社)日本養豚協会(JPPA)は、11月20日(土)、21日(日)に東京・日比谷公園にて開催された「第1回食と農の祭典−ファーマーズ&キッズフェスタ2010−」において、今年で4回目となるJPPAの消費拡大イベント、「俺たちの豚肉を食ってくれ!」を開催いたしました。
過去3回、新宿アルタ前広場、お台場パレットプラザにおいて単独開催をしてきた本イベントですが、今回は“食と農の祭典”に出展する形で、初の2日間での開催が実現いたしました。

初日の20日(土)はJPPA青年部会が、21日(日)はJPPA流通消費部会がそれぞれ主体となり実施した本イベントは、両日ともに天候に恵まれ、秋晴れの中たくさんの来場者でにぎわいました。

初日青年部会では、全国から若手を中心に約140人の生産者・業界関係者らが、全国12道県より10Kgずつ集めた銘柄豚肉を計4回、2日目流通消費部会では、首都圏3県の銘柄豚肉各30Kgずつを、会場のキッチンカーで豚しゃぶに調理し来場者に試食提供いたしました。今回この試食提供用に用意した豚肉は、初日120Kg、2日目90Kgで総計なんと210Kg!2日間で延べ10,300皿を来場者の皆様に提供する事ができました。なお今回、しゃぶしゃぶ試食の“ぽんず”にはキッコーマン(株)にご協力を頂き「キッコーマン 果汁ぽんず ゆずか」を使用させていただきました。

初日には、毎年恒例となった「特大ホットドック早食い大会」も5レース実施し、事前エントリーと当日エントリーをあわせた参加者合計55名が、各レースごとに用意された豪華賞品(豚肉5Kgか、1万円ハム・ソーセージギフトBOX)を狙って争いました。
昨年よりもパワーアップした特大ホットドックを見た参加者達は、そのサイズに目を丸くしながらも、一緒に来場していた家族・友人らからの声援を受けて熾烈な争いを繰り広げ、場内をおおいに盛り上げてくれました。

2日目は小学生を対象としたじゃんけん大会を開催、50名以上の子供たちが参加し、場内をにぎやかに彩ったほか、埼玉県・千葉県・神奈川県産の豚肉加工品の販売テントも設置し、来場者の皆様に国産豚肉の美味しさを再度PRいたしました。

また、今回会場内には子豚とふれ合える記念撮影コーナーも設置し、来場者の高い人気を集めていました。
会場ではこの他にも、先着来場者を対象にJPPA特製エコバックをプレゼントしたほか、お肉に関するアンケートや養豚産業に関するパネル展示などを実施、また、着ぐるみキャラクターや、ステージ前に置いた屋久杉の等身大豚の一刀彫像は、子供たちの人気を集めていました。



◆しゃぶしゃぶで試食提供したお肉の産地は下記のとおり◆

20日(土)
1回目(10:30〜)




2回目(12:00〜)



3回目(13:30〜)


4回目(15:00〜)


21日(日)
 1回目(10:30〜)

   


2回目(12:00〜)



3回目(13:30〜)



◆2日間の会場の様子◆

   
配布物の準備をする生産者たち 青年部実行委員たち キッチンカー
キッチンカーはシェフで満員です! しゃぶしゃぶを受け取った来場者 しゃぶしゃぶ肉提供者の生産者による解説
アンケートの様子 特大ホットドック早食い大会 ホットドック早食い大会 女性の部
しゃぶしゃぶテントには長い列が 子豚との記念撮影コーナー 1日目のスタッフの皆様お疲れ様でした!
2日目の朝礼の様子 しゃぶしゃぶテントには開始前から既に行列が しゃぶしゃぶ試食準備の様子
しゃぶしゃぶを笑顔で受け取る来場者 たくさんの来場者でにぎわう場内 じゃ〜んけんポン!
子供たちに大人気の着ぐるみキャラクター 販売ブースも大人気です 2日目のスタッフの皆様お疲れ様でした!