JPPAは、2011年4月1日に一般社団法人の認可を受け、養豚生産者のみを正会員とする団体となりました。
JPPAとは? | アクセス | トピックス | 刊行物 | 地域の活動 | 賛助会員からのお知らせ | 賛助会員一覧 | 会員のお肉を買うには? | 豚のお話 | リンク |
2008年4月21日更新

第2回目の養豚議員懇話会開催
11名の国会議員と豚料理食べながら懇談


〜5月の飼料高騰関連対策取りまとめに弾み〜
養豚議員懇話会は4月9日、東京都中央区の“やまと 銀座2丁目本店”において約50人のJPPA会員生産者が出席し、第2回目の懇話会を開催しました。この日は、15人の会員国会議員のうち、座長の中川昭一代議士をはじめとする11人が出席、出身地ごとに地元の生産者とテーブルを囲んでの和やかな懇談の場となりました。出席した議員は、北から、北海道の中川昭一氏、岩手の鈴木俊一氏、栃木の西川公也氏、茨城の葉梨康弘氏、千葉の森英介氏、神奈川の亀井善太郎氏、愛知の大村秀章氏、宮崎の江藤拓氏、鹿児島の森山裕氏、小里泰弘氏、そして参議院の山田俊男氏でした。開会にあたり中川座長は、「今日はこのような場で、豚肉を食べながら膝を交えて議論しようという趣向だと思う。飼料高騰対策を5月にまとめるための本格的な議論が始まるところであり、生産者の皆さんのご意見をたっぷり聞かせていただこうと思う」と挨拶しました。また、この日は八日市屋会長代理の(株)フリーデンが経営する“やまと”自慢の豚肉創作料理が提供され、議員の皆さんには様々な豚肉の美味しさを再発見していただけました。乾杯のあと、各議員の地元、選挙区ごとにテーブルを囲み、和やかななかにも日本養豚の必要性について真剣な議論が交わされ、予定の時間を大幅に延長した懇話会となりました。


中川昭一代議士

葉梨康弘代議士

和やかな懇話会の様子

西川公也代議士と