「PRRSコントロール事例集」 
 発行:2007年


 
 内容紹介
 本書は、養豚現場の事故率上昇で
 深刻さを増し大きな問題となっている
 PRRSに関して、そのコントロールと
 撲滅にむけて第一線の獣医師、
 研究者、コントロール経験農場が
 総力を挙げてまとめ、会員向けに
 製作した1冊です。
 (監修:日本養豚開業獣医師協会)





 <目次>
 [解説編]

 1. PRRSはどんな病気なのか 恒光 裕(動物衛生研究所)
 2. 海外におけるPRRS研究の最前線 吉井 雅晃(動物衛生研究所)
 3. PRRSの研究と実際 大竹 聡
              (スワイン・エクステンション&コンサルティング)



 [事例編]
 1. 規模拡大時の改善でオールイン・オールアウト実現 :
    稲吉 克仁((有)マルミファーム)

 2. パーシャルディポピュレーションの実施と撲滅への取り組み :
    栗木 允男((有)ロッセ農場)

 3. ピッグフローの改善によるコントロール :
    石川 弘道((有)サミットベテリナリーサービス)

 4. グループシステム導入によるコントロール :
    呉 克昌((有)バリューファーム・コンサルティング)

 5. 種豚導入大規模農場でのPRRS撲滅への取り組み :
    中島 正人(イワタニ・ケンボロー(株))

 6. 養豚場密集地域のコントロール :
    大井 宗孝((有)豊浦獣医科クリニック)

 7. 飼育環境を考えたPRRS対策 :
    藤原 孝彦(藤原動物病院)

 8. ワクチネーションによるPRRSコントロール :
    新原 義史(鹿児島ミート販売(株))

 9. 最悪状況からの脱却 :
    石川 弘道((有)サミットベテリナリーサービス)

 10.PRRS陰性農場の清浄維持対策 :
    村田 知((有)豊浦獣医科クリニック)


 【価 格】
    JPPA会員:1,000円(税込)
    会員以外の方:2,000円(税込)

 【購入方法】
   JPPA会員の場合
    最寄りの道府県組織事務局または、JPPA事務局まで
    Eメール・お電話・FAXいずれかの方法でご注文下さい。


   会員以外の方
    JPPA事務局または、下記リストの雑誌社で購入できます。

会 社 名 雑誌媒体 TEL FAX
株式会社 アニマルメディア社 ピッグジャーナル 03-3818-8501 03-3818-8502
株式会社 日本畜産振興会 養豚の友 03-3379-3741 03-3379-3787
株式会社 鶏卵肉情報センター 養豚情報 052-883-3570 052-883-3572

[JPPA事務局] 
TEL:03−5350−2917 FAX:03−5350−2983 メール(クリック)






→ 2008年上半期JPPA活動の成果
→ 日本の養豚を考える有識者会議 実録レポート
→ 2007年 JPPA活動の成果
→ JPPAが目指す 日本養豚のビジョン


ホーム | お問合せ
Copyright © 2008 Japan Piglets Co.,Ltd. All rights reserved